女性軽視の相手にはピルが最適な避妊方法

日本においては、男性と女性の性交渉の際の避妊方法として、コンドームが主流になっています。男性がつけるものですが、感度などの問題もあって、それを嫌がって避妊に協力的出ない人も数多くいるでしょう。これは女性軽視をしているものでもあり、もしも妊娠してしまったら困るといた女性の気持ちを考えていないあらわれでもあるでしょう。
そういった男性との性交渉では、相手に避妊を期待できないので、女性が服用するピルを使ったほうがいいといえましょう。ピルというのは、女性ホルモンを含んでいる錠剤であるため、生理周期を整えることができます。28日間を一周期として、生理日も確定できるので、とても都合のよい薬になります。また、ピルというのは避妊の成功率がほぼ100%に近いものであり、正しく毎日服用していれば、妊娠をする心配はないのです。ですから、女性軽視の傾向のある相手では、ピルを使うという方法が有効です。
ピルの入手方法としては、レディースクリニックなどの医療機関で医師の診察を受けて、処方してもらう方法があります。これは、自分の体調に合わせた薬を検討してもらえるので、安心なのです。しかし、ほかにもリーズナブルに入手できる方法もあります。それが海外からの個人輸入による通販です。今はいろいろなサイトで入手できるようになっているので、比較してみるといいでしょう。医療機関で処方してもらうよりもかなり安く、半値から3割程度の価格で購入できたりするので、とてもありがたいものです。
このように、女性軽視の動きがある場合の性交渉では、ピルの服用が効果的でしょう。望まない妊娠をしないためにも、避妊方法について一度検討しなおしてみるというのがいいでしょう。