避妊失敗時の対策としてのピル

コンドームが外れたり敗れたり、コンドームを使わずに性行為をしたなど避妊失敗した際の対策として、ピルがあります。避妊失敗時に服用するピルは、アフターピルと呼ばれる緊急避妊薬です。避妊失敗した性行為から72時間以内に服用することで、望まない妊娠のリスクを下げることができます。ただし、ピルによる対策の効果は、8割程度のため、緊急避妊を行っても妊娠する可能性もあり、常用できる避妊方法ではないため、あくまでも緊急時の対策となります。
アフターピルは、薬局では販売していないため、病院に受診して入手する方法が一般的です。
アフターピルには、2種類あります。性行為から72時間以内に2錠服用し、その12時間後にさらに2錠服用するヤッペ法と72時間以内に2錠服用し、2回目の服用は必要ないノルレボ法があります。ヤッペ法は、ノルレボ法よりも安価な分副作用が強いです。どちらの薬でも、性行為後72時間以内に服用する必要があります。時間が経過すればするほど避妊効果が弱まります。どちらも保険適用外の自由診療となるため、病院によって費用は異なりますが、ヤッペ法で5000円から7000円、ノルレボ法で10000円から20000円程度必要となります。また、どちらにも副作用がありますが、ヤッペ法とノルレボ法では、副作用に差があります。どちらもホルモンバランスを急に乱すことにより避妊効果が得られる仕組みのため、吐き気や生理痛に似た症状があらわれます。しかし、ノルレボ法の方が、ヤッペ法に比べると副作用が少ないとされています。ヤッペ法は、2回目の服用が必要となりますが、あまりの吐き気から薬を吐いてしまうことや飲み忘れにより避妊に失敗してしまうこともあります。